アメリカ 産 牛肉 ホルモン 剤。 アメリカ産の牛肉の安全性はどうなのでしょう、ガンと関係ある?

アメリカ産の牛肉の安全性はどうなのでしょう、ガンと関係ある?

5回以上食べると前立腺がんのリスクが30%増える、精巣がんも増えるなどの研究が認められる。 ホルモンというと、焼肉屋でよく見かける牛や豚の内臓肉を思い出すかもしれないが、実際にはあれはホルモンではない。 本病への衛生対策に当たっては、家畜の飼養者、家畜保健衛生所の職員、獣医師、家畜人工授精師、関係機関等が一体となって取り組むことが基本です。 ただ、安全性からすれば一番おすすめではありますが、輸入量が少ないため米国産や豪州産と比べると価格が高く国産牛とあまり変わりません。 安い食品には危険がつきものなのだ。 海外産の安いお肉、実はかなり危険性が高いのでは?という情報をよく見かけます。 肥育ホルモン剤との関係で特に疑われているのが 乳がんです。

Next

輸入食品監視業務FAQ

さらにアメリカでは、健康志向が高い人々は、 牛肉でも「オーガニック」とか「ホルモンフリー」 と表示された牛肉を買うのが常識になっています。 旧厚生省の数値はいい加減ということですが、 いまだに最新の測定法で計測していない。 外国産と国産豚肉の違い 抗生物質 なんだか聞くと不安になるワード上位の「 抗生物質」。 現在、オーストラリアの牛肉の約半分は輸出していて、 肥育ホルモン剤を禁止している日本には極力肥育ホルモン剤を使用していない牛肉を輸出しています。 日本では、アメリカ産の牛肉に対して、エストロゲンの残留基準値を設けていないが、専門家が測定したところ、公表されている数値とは大きく異なり、140倍から600倍のエストロゲン残留が確認されたという。

Next

安くなって輸入激増中の米国産牛肉に潜む「ホルモン剤」のリスク

ちなみに米国では、この合成ホルモン剤の残留基準が1種類しか設定されておらず、2種類は使い放題です。 5回以上食べると前立腺がんのリスクが30%増える、精巣がんも増えるなどの研究が認められる。 こん整体で注文できます 12. グラスフェッドの肉を摂取することは、病気予防、脳機能の改善、減量、そして完全無欠になるための最善の方法のひとつだ。 オーストラリアも肥育ホルモン剤は使用可能ですが、米国産牛肉と比べると使用量が少ないですし、最近は肥育ホルモン剤を使用していない牛肉も多く輸出しています。 スーパーで、アメリカ産の牛肉を買わないから大丈夫と思っても、 日本人は食べさせられています。 とくに危険なのが米国産です。 まさに、子牛にとって素晴らしい飲みものといえます。

Next

「ホルモン漬けアメリカ産牛肉」が乳がん、前立腺がんを引き起こすリスク

昔からアメリカに移住すると卵巣がんや子宮体がんが増えると知っていた、北海道大学遺伝子病制御研究所客員研究員の半田康医師や北海道対がん協会細胞診センター所長の藤田博正医らの研究によると、「札幌市内のあるスーパーマーケットで売っていた肉」のうち、アメリカ産牛肉と国内産の牛肉の残留エストロゲン濃度を比較したところ、驚くべき結果が得られたという。 でも、それに比例して、様々な病気も増えた。 その結果、 「 米国産牛肉を継続して摂取するとホルモン性依存の乳がんや前立腺がんの危険性が 5倍高まる」と発表しました。 問題はE2の方で、半田医師によれば「圧倒的に怖いのがE2で、活性がE1の10倍あり、がんの発症に関連していると考えられている」という。 「国産はやっぱり高い。 それが グラスフェッドビーフです。

Next

米国産牛肉、「肥育ホルモン」の衝撃的な実態

そしてその肉骨粉を食べているのは牛であり豚であり鳥である。 とくに影響を受けるのが生殖系です。 一方 国産牛は国内で飼育された全ての牛のうち、事実上「 和牛」を除いたものです。 6%へ、3割も引き下げられた。 1970年代に、アメリカ人の年間牛肉消費量は約40kg それが、 2018年には、20kgまで減っています。 1970~1980年代にかけて、そうした肉を食べた幼い女の子の乳房がふくらんだり、月経が起きるなどの異常な性発育が続出した騒動以来、EUでは1988年に肥育ホルモンの使用が、1989年には肥育ホルモンを使った肉の輸入が全面禁止となった。 日本はEUじゃないんですよ。

Next

米国産牛肉

さらに、「どうしてアメリカ産の牛肉を輸入し続けるのか?」、元厚労省の職員に尋ねたところ「高濃度のエストロゲンを理由にアメリカ産牛肉の輸入を禁止したらどうなりますか。 ちなみに、最新方法による残留エストロゲン濃度の数値は、いまだに公表されてはいない。 牛肉戦争をして勝てると思いますか。 ネットの通販でホルモン剤・抗生物質不使用の肉が売られていますのでそちらで購入すればガンのリスクは減ります。 エストロゲンとは女性ホルモンのことです。

Next