線香 上げ方。 お線香の正しいあげ方とマナーをご紹介!|知っておきたい葬儀の知識|ご葬儀は信頼と実績のセレモニー

【曹洞宗】お線香のあげ方~本数は「1本」リンの回数は「2回」

久しぶりに連絡をした時に知らずに『久しぶり! あまり多すぎても、線香立てや香炉を汚してしまうだけでしょう。 そして、お線香の煙を介して故人とお話ができる大事なツールとなるとも言われています。 取材・文/有馬未央(KIRA KIRA). 家族葬の場合、あえて近しい間柄しか葬儀に参列できないようにしていることもあります。 もし焼香の仕方がわからなかったら、仏式の場合はご自分の宗派の焼香回数だけご焼香されればよいのです。 それぞれの本数や置き方をまとめてみました。

Next

お墓参りのお線香の正しいあげ方って?お線香に関するマナーまとめ!|終活ねっとのお墓探し

少なくとも5秒以上は黙祷しましょう。 田舎での慣習と施主の立場で一言述べました。 数珠を左手で持ち、仏壇に向かって一礼、そして合掌します。 持っていったものは、焼香後に仏壇の前に置き、もう一度拝みます。 弔問の際の服装について 訃報を受けてすぐに故人宅に伺うときには気をつけなければいけないことがあります。 お線香に関しては、基本的に宗派に問わず、 お好みで選んで良いとされていますので、お寺さんによっては形や素材に決まりがある場合がありますので、 檀家としてお寺が決まっている場合は、お坊さまに確認されると良いでしょう。

Next

浄土真宗の線香のあげ方は?寝かせる理由と消えるときの対処法!

できればブーツは避けたほうが無難ですよ。 また、線香をあげていくと灰がたまってきますが、これは庭がある場合には庭にまいたり、アパート・マンションなどに住んでいる場合には袋に包んで燃えるゴミとして出すといいでしょう。 お線香の置き方については、宗派によって決まってくるので確認しましょう。 返品交換・キャンセルについて ご注文後のキャンセルは承っておりません。 しかし宗派よってはOKな場合もあるので、迷ったら時は鳴らしておくと間違いありませんね。 火事につながらないために お線香は、一度火を付けて使用するものです。

Next

仏壇の線香のあげ方は?本数や毎日たくものかなど紹介!!

なので固く考えず、必要であれば周囲に合わせた供え方をしておきましょう。 香り同様、現在の住宅事情に合わせて、煙の少ないタイプも出ています。 その他、線香を上げる注意点! 上記で基本的な線香のあげ方をご紹介してきましたが、これら線香の置き方、上げる回数などは 仏教の宗派によって変わってくることがあるので注意しましょう。 仏式であれば49日あるいは35日の法要開けにきますし、それよりも後から香典を受け取った場合には「志(こころざし)」としてお返しをしてきます。 季節や体調によって種類を変えたりしてリラックスできますね。

Next

仏壇の線香のあげ方は?本数や毎日たくものかなど紹介!!

つまり、お線香の「香り」は故人の食事なんですね。 ここでの礼拝が本当の「お参り」になりますので、合掌・礼拝の前にはリンを鳴らし、心を込めて合掌・礼拝しましょう。 お線香に火がつき、煙が出ていることを確認したら香炉にお線香を立てる、もしくは寝かせる。 自宅のお仏壇でお線香をあげる手順 地域や地方によって異なる事はあるものの、一般的なお線香のあげ方は以下のような流れになります。 故人を偲んで焼香に来てくださるのは、嬉しいことです。 」 などが使われます。

Next

仏壇の線香のあげ方は?本数や毎日たくものかなど紹介!!

これは、仏様が説教の中で、俗塵(ぞくじん)つまり、日常(俗世間)でいつの間にか汚れてしまった心を清めるためにお香を焚いて清めるよう説いたからだと言われています。 さらに、後々自宅へ訪問する場合でも、 丁寧なお線香の上げ方で敬意を表したい方は、多いのではないでしょうか。 お線香は自分の身とその場を清める 元来、インドでは 高貴な人と接する際は、「お香」を焚くという礼儀がありました。 火を吹き消さない• ですが、なぜあげるの?と、ふっと思われたことありませんか? その理由について、簡単にわかりやすく説明しましょう。 しかし、線香のあげ方は宗派によって異なるため、それぞれのあげ方に合わせた線香立てを用意しなければなりません。 遺族の心に寄り添う表現を使用する 弔問はご遺族を慰め、いたわる場です。 線香をあげると仏様に想いを伝えることができる 線香をお仏壇にお供えするのは、 香煙を通して仏様とお話するという意味があります。

Next

【解説】線香をあげる意味とは?宗教別の上げ方・立て方

では、ポイントに沿って説明して行きます。 お墓参りでお線香をあげる場合、屋外なので一見安全そうに思えるかもしれません。 回数や鳴らし方も宗派によってマナーがあるのでしょうか。 葬儀だけでなく、神前結婚式など、あらゆる神事に用いられます。 金額は数千円程度で良いと思います。 浄土真宗本願寺派(西本願寺派) ・1本の線香をふたつに折ってから火を点けます ・煙の出ている側を自分から見て左ににして香炉に寝かせます ・焼香回数は1回だけです 浄土真宗大谷派(東本願寺派) ・1本の線香を火をつけないで折って供えます ・焼香回数は2回です 浄土宗、曹洞宗、臨済宗 ・線香を香炉の真ん中に1本立てます ・焼香回数は特に決まりはありません(曹洞宗は一般的に2回) 日蓮宗 ・線香を香炉の真ん中に1本立てます ・焼香回数は1回または3回です 天台宗、真言宗 ・自分から見て逆三角形になるように線香を離して3本あげます ・香炉には手前に1本、奥に2本の線香を立てます ・焼香回数は1回から3回です 弔問する時のマナー ここでは、弔問する時のマナーについてご紹介します。

Next