梅雨 文。 梅雨の挨拶の結びの言葉

【例文】梅雨の挨拶って?ビジネスメール・手紙に書くべき時候の挨拶例

入梅の頃となり、うっとうしい雨の日が続いております。 敬具 6月のビジネスにも使える口語調の「時候・季節の挨拶」 「時候・季節の挨拶」の口語調の慣用句を使った例文を、結びの言葉まで含めて紹介します。 お陰さまでこちら家族全員それぞれに元気で楽しい毎日を過ごさせて頂いております。 空梅雨で、あちらこちらで水不足の声が気がかりです。 口語調を使う場合は、やわらかく、親しみやすい手紙を送りたい場合に適しています。

Next

「梅雨空」を時候の挨拶に使う場合

また、夏の季語である 「小夏、 仲夏、 盛夏」 が使えます。 取り急ぎ、まずはお礼かたがたお見舞いまで。 今年は空梅雨のようです。 ここでは、それらの時期に合った季語と、シーン別の挨拶例文をご紹介します。 梅雨明け 出梅 後の季語挨拶文• いつもなら降るはずの雨が降らないので、水不足を引き起こしていることも。 待ちに待った梅雨明けも、もうすぐです。

Next

7月のおたより文例〜園だよりやクラスだよりの書き出し文例アイディア〜

・もう夏もすぐそこに来ているような、気持よく晴れわたった暑い日が続いています。 くれぐれもお身体を大切に。 最後に 『後付け』は、 日付や差出人の署名、宛て名などを書きますね。 「梅雨の候」【6月中旬~下旬】 「梅雨の候」(ばいうのこう・つゆのこう)は梅雨の期間に用います。 お蔭さまで体調も戻りつつありますので、ご安心ください。

Next

梅雨の季節の挨拶文

梅雨明けとともに猛暑の夏が到来しました。 長雨が続き肌寒い毎日ですが、お風邪など召さずお元気でしょうか。 平素は多大なご指導をいただき、厚くお礼申し上げます。 今月も、この季節ならではの楽しみに触れながら、楽しく過ごしていきたいと思います。 今年も夏バテが心配です。

Next

挨拶文【7月】書き出し・結びの例文!上旬・中旬・下旬の季語と時候

145 views• 梅雨というのに雨が少なく、夏場の水不足が気がかりな季節となりました。 こちらから時節のご挨拶を申し上げるべきところ、お心遣いのお品を頂きましたこと厚く御礼申し上げます。 もうすぐ梅雨がやってまいります。 梅雨時の手紙!挨拶の文例をご紹介!! 手紙の書き出しで使われる時候の挨拶用語の「候」と同じような使い方で 『 みぎり』 という言葉を使う場合もありますが、「初夏の候」と「初夏のみぎり」は全く同じ意味です。 梅雨明けが待たれる毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。 それは、 「梅雨が明けて晴れること」。

Next

6月(水無月、五月雨月)の時候の挨拶・文例集

梅雨の挨拶は相手の健康を思って、心が伝わる挨拶をしましょう。 今年も夏バテが心配です。 ・色とりどりの紫陽花が、綺麗に花を咲かせています。 お元気でしょうか。 はや夏至を迎え、梅雨明けもいよいよ近くなってまいりました。 用件をとりまとめ、今後の健康や繁栄を祈る言葉を時候と絡めて書きます。 また今後もどうぞ宜しくお願い申し上 げます。

Next