沖 神 小説。 #沖神 #銀魂小説10users入り [沖神]神楽が屯所に宿泊することになりました。

#沖神 #銀魂小説10users入り [沖神]神楽が屯所に宿泊することになりました。

てか俺ァ口にもだしてやせんけど」 神「まぁ、サドのことなんてどうでもいいアル」 沖「そうかィ」 ・・・・なんか気まずいな。 このような事を言うのもアレですが、目立っているからではないでしょうか。 中篇 初々しい土ミツを想像して書いてみました。 私なんか・・・何処も雇ってくれないアル・・・。 神楽が捕まっていたり。

Next

永遠の笑顔と愛とあなた【銀魂/沖神】 (2ページ)

誰か先に入ってるヤツでもいるのかィ・・・ 特に気にしない、いつものことだ。 と、そう思っている時、誰かのいびきが聞こえた。 「お~い、違反者捕まったかぁ?」 通報後から来たパトカーから、呑気な声ででてきたのは真選組局長、近藤勲だ。 《ピン子のためアル!もうこれしか方法はないネ!》 ****** 〜テスト開始から30分経過〜 「先生!またお腹が痛いのでトイレ行ってきますヨ!」 「またかよ神楽〜。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・俺達付き合ってる・・よな・・?) 「放課後・教室」 ガラッ! 神「ふゥ・・いい湯だったアル・・」 ・・・チャイナがきてしまった。

Next

★沖神小説: 神の告白。

いやぁ、恋をすると、今まで興味がなかった事に急に興味関心が出たり、足取りが軽くなったりするもんですよね。 「・・・、変なアイマスクアルな・・・ぷっ。 いつもの調子がでねェや。 新神は人気が何故ないのか理由が分かりません! 理由もお願いです!スッキリするまで諦めません! 1. 二人が抱き合う… [newpage] まであと1ミリというところで、神楽の目つきが急にかわり、ピンク色のオーラもなくなり華もみんな枯れた あくまで想像である 「いいタイミングで邪魔しやがってぇぇぇくたばれこのへっぽこおまわりィィイイイ!!!!! 沖)・・・・・・・・・・・・・・・・・・土方さんにゃぁ関係ありやせん。 ゴミがっ。 さすがはヒロイン、一人では落ちない。 しかし良くあんな大嘘思いついたなァ」 「問題終わって暇だったんでねィ。

Next

銀魂について質問です。

「…おめーはあれか?行くとこ先々に酢昆布ばらまいてんのか?」 「これのお礼アル。 その分、覚悟も大きかった。 「まーそう焦るなよ。 」 「でも、死ねないアル。 (怒 沖)え?あぁ~いや。 その様子を見て沖田は何があったのかを問い質すべく、声をかけた。

Next

#沖神 #銀魂小説10users入り [沖神]神楽が屯所に宿泊することになりました。

」 「ちょっ!わっ!」 そうして、無理矢理連れられて行ったのであった。 「なぁ、サド」 「あぁ?」 「どうしたら、死ねるアルか?」 「え…」 突然の言葉に戸惑いながらも、沖田は聞き返す。 これは・・もしかして・・俺・・ チャイナに、惚れているんだろうか。 ・・・パピー・・・、もう・・・誰もいないヨ?こんなところにいても・・・。 「これよこれ!今江戸中の女の子で大人気なの、『江戸のそなた』!」 雪を模したような青と白の想定に、繊細な、だが毛筆の字体で「江戸のそなた」と書かれていた。

Next

君は私の全てではない x 無料携帯ホムペ作成 リゼ

ですから頼むからデートにでも誘って夕方くらいまで帰ってこないでくださいお願いします」 「ああ、ついに夜兎族を手に負えなくなったんですかィ」 風船ガムをふくらましながら言う沖田に、銀時は立ったままがっくりとうなだれる。 近「いや・・一番若いから・・」 神「なんでよりによってサドになるネ!」 土「もういいだろ、俺達だって仕事があんだよ」 てな感じで・・チャイナは結局俺の部屋に泊まることになった。 厚さは2センチと言ったところか。 「あ、神楽ちゃん帰ってるみたいですよ、沖田さん。 連載中• そら 0 そらシリーズの原点。

Next