イレギュラー ひとりじゃない。 ひとりじゃない: ことば こころのはな

おかげで気持ちがラクになりました: 素晴らしき人生☆

だって、カゲロウさんはこの村の為に戦ったのに……! 「あんまりです! カゲロウさんだって私達と一緒に戦って……!」 「そもそもその女が来なければ、村を魔物が襲う事もなかった。 出ていこう。 「……だがな」 と、不意にサークの声のトーンが変わる。 もちろん攻撃の手は緩めない。 だからこそ、就活はひとりではいけないのです。 普通ならそのまま転倒してしまうところだが、とっさにドアノブを掴んで姿勢をキープしている。 『ローズ』は自分の前身、『ローズレッド』は今の自分。

Next

ろっくらぶ「テキスト」

今度夜中に蹴起こしたら撃つぞ」 「いやー・・・奈良坂あの時は本当ごめんって」 「何したんだ槍バカ・・・・」 あまりにも真剣な顔をする奈良坂に米屋も真顔で返し、その光景を見ていた出水は気持ち悪そうに三輪に振る。 首のなくなった彼女、意識のなくなった彼女はもうすでにエリーナではない。 」 「秀次、落ち着いて。 「今度はこっちの番だ! 瞬時に決着をつける! カーテンコールはないぜ!? 入ってよいよー」 ……ふっ、なんとものんきな返事じゃわい。 」 やはり目論見がバレている! 俺が入室直後のキスを狙っていることを唯花は知っていたのだ。

Next

人生に 意味を|イヅミ シュンヤ|note

ただ俺達がしたくてするだけさ」 警戒するカゲロウさんに対して小さく笑ってみせるサークを見て、沈んでいた心が浮き上がるのを感じる。 その目にはまた、涙が滲み始めている。 力も手に入れた。 彼と自分は同じ躰を持ちながら、別人であることも確かなのだ。 イレギュラーハンターはこんなにも卑劣な奴だったのか。 だからこそ私は阿弥陀如来を信じることができる。

Next

おかげで気持ちがラクになりました: 素晴らしき人生☆

オレは十分強くなった。 (バイルに英雄ごっこは楽しいかと言われて) オマエのくだらんあそびには つきあいきれん・・・・ そろそろ終わりに させてもらうぞ・・! 大勢の人間を、コピーエックスを、クリエとプリエを犠牲にしたバイル。 大きな爆音が部屋中に響き渡る。 一緒に行きましょう」と言われました。 「あなたたちがここにいるのは、社会から弾き飛ばされちゃったからだよね。 「可哀想にね、あなたたちって」 「黙れ黙れ黙れ!! それ以上言うと撃つぞ!! さあ、出せ! ローズレッドを出すんだ!! そうすればお前だけでも助けてやるぞ!!」 これはもはや、脅迫だ。

Next

ロックマンゼロ3名(迷)台詞集 ゼロ編

「な……!? この環境でやっていくしかないんです。 「にゃ、にゃにするのよぉ……っ」 「今度はネコさんか? おいおい、キャラがブレてるぞ?」 わざと顔を近づけると、唯花はさらに頬を染めて目を泳がせる。 「よ、よろしく……」 彼は人間と出会うのは初めてだ。 (しゃべっているシエルたちに) 作戦行動中だ・・・・ だまって・・あるけ・・・・ ぴしりとシエルたちをたしなめるゼロ。 「……満足な暮らしは、させてやれぬぞ?」 「……! 大丈夫! 早く強くなって、今度はおれがカゲロウさんを守るから!」 そう言って、クオンは初めて笑顔を見せた。 そう思うと、言葉は、喉の奥に沈んで出てこなくなった。

Next

だから、あなたも生きぬいて

だが、そんなゼロとセルヴォに言い返したハルピュイアの言葉は辛辣極まりないものだった。 クオンは俯き、村長さんの問いには答えない。 (セルヴォにリコイルロッドをもらって) リコイルロッド・・・・使いやすそうだ カンシャする・・ セルヴォに感謝の言葉を述べるゼロ。 彼女は凛とした顔つきで子供たちに向かって言った。 帰ってください!」 バタン、と彼女はドアを閉めた。 人に優しく。

Next

第144話 史上最大の決戦―kiss of war―①

実にゼロらしい簡潔な返答である。 まるでこちらの出方を読んでいたかのような先制攻撃だった。 行くぞ、クオン」 吐き捨てるように言って、村長さんがクオンを立たせようとする。 そしてこのメンバーの中で一番怖い三輪にそんなことをしていたらおそらく自分の命は修学旅行で潰えていたかもしれない。 状況が掴めていない子供たち。 冷たい響きが彼の心に、深く鋭く突き刺さる。 その目には、気遣わしげな色が宿っている。

Next

星空の小夜曲~鉄腕美少女魔法使いの恋は、異世界に侵略された世界を救う~(由希)

「あ、あう……っ」 ビクッとするメイドさん。 これがレプリロイドの痛いところだった。 つまり唯花がメイドさんでツインテールにしている! かわゆい! 見惚れてしまう! 覚醒とか戦闘力とか関係なく、動けなくなってしまう……っ! 「予言的中。 子供たちも脅えている。 果たして、子供たちの瞳にどのように映っていただろうか。 それは決して表に芽が出ることはなかった。

Next