オリュンポス 感想。 2部5章星間都市山脈オリュンポスの予習と考察

【FGO】2部5章『星間都市山脈 オリュンポス』感想。神々との決戦の幕が上がる!

双子がディオスクロイに口にしたのは 人間は停滞を選ばないのだなぁ……私は停滞していない、はず。 粗野なのでアルテミスの兄アポロンに気に入られなかったからだ。 かわいい。 あと今回のピックアップ2は「ロムルス」ですかね? 今までは異聞帯の王が実装されてきましたが、ゼウスに関してはバトルグラが特殊なモノでしたので難しいでしょう。 ああ、そういえば。

Next

【FGO】オリュンポス『神を撃ち落とす日』 ネタバレ配慮感想

この効果は身体だけでなく精神にも及ぶようです。 なんだよ腹ごなしに戦闘って。 オリュンポス先行組 いや全滅かよ。 うーん、手持ちに左右されますね。 メタ的に・・・。 なんとか火力ゴリ押しでクリアしたものの、ギリギリの戦いだった。 まあ明言されてないのであくまでも考察意見ですけど。

Next

【Fate/Grand Order】星間都市山脈オリュンポス 感想

— Unknown「リトバス大しゅき」 Unknown90113 めっちゃそのまんまwww — ひじき AAA302HIZIKI アレ打つ時完全にラミエル戦のライフルの軌道でしたし3枚目は元ネタ 漫画 と元ネタの元ネタが同じやつ、4枚目はあのキャラの格好と中の人が聖闘士星矢出演してるって感じですかね。 話題に挙がったデメテルはというと、オリュンポスに真体で降臨。 もうすぐです! キングダムハーツ3発売っ。 訂正、すでに結構ヤバイ。 抑止力というヤツはまあ、用意周到で、婉曲で、意地が悪い。 今、人智の敗北を宣言する。 武蔵ちゃん 今回出番多かったね。

Next

【FGO】第二部第五章『オリュンポス』の攻略ログ(2)【ネタバレ注意】|ミカイのキョウ

何故?ここでローマが?となるけどローマ文明自体がギリシャ文明からいろいろな文化を吸い上げてる背景があるから不思議じゃない ゼウスと同じ位にいるサーヴァントとして召喚された感じらしい。 ・「計画は順調だ。 アテナ• キリシュタリア 黄金のリンゴ農夫キリシュタリア。 ・『どのくらいまで自由に移動できるか』試していた時にカルデアの者に出逢い、しばらく一緒に旅をしていた ・カルデアの者曰く、大西洋異聞帯には必ず冠位が出現する ・「……フン。 というわけで アトランティスで言っていた別個体のヘファイストス本体が登場。

Next

【FGO】オリュンポス『神を撃ち落とす日』 ネタバレ配慮感想

これに関しては、これ以上特にいうことはありません。 FGOだと逆にアポロンの力借りて、アルテミスを撃ち落とすんだから業が深い。 ポセイドンはあんな形で利用されていたので、海洋の権限をゼウスが持っていた。 あぁ、出しちゃダメなやつだけど、出したことが無くなるから出しちゃうのか。 ギリシャ神話ゼウスは最強の絶対神だが、同一の存在とされるローマ神話ユピテルとなるとマルス、クィリヌスと並んだ三主神の一柱にすぎなくなる。 これはフラグだな!!! やっぱりフラグだったと思いきや、ゼウスとの接続はオフラインだからやってしまえとのこと。

Next

2部5章星間都市山脈オリュンポスの予習と考察

さらに隠れてもう1騎。 ベーカリーだけでもくれませんかね… 一緒にパン焼きたい その他 5章後半のオリュンポスのネタバレ感想・考察は以下の記事にて FGO 1. デメテルもわかってはいたんですね。 だからここでの退場は結構ショックだった。 」「正しく空想の神だ。 玉藻前がいれば倒せる。 146件のビュー• その隙にカルデアはオリュンポスから脱出するが…キリシュタリアは死亡(多分) 良かった所&不満点 今回のストーリーですが、序盤あたりはあまり面白くありませんでした。

Next

【FGO】オリュンポスのクリア感想

あと、難易度はゲキムズですw 一番難しかったんじゃないか?ビーストとゼウス戦は、初見でノーコンテニューで勝てました。 カイニスは配布された時に貰いたいと思います。 それと、ゼウスのあとにカオスが出てきてさらに異星の神に続いてしまうのはさすがに詰め込みすぎを感じた。 異聞帯の王の監視役のリンボ• 神霊、否ーかつて世界に実在していた神。 「アガルタ世界」や小説「地底旅行」(後述)が有名である。 それよりも個人的にはゼウスは神として真面目な方向に振り切れるとこうなっちゃうのかなという感じがして、若干哀しい。 ヒナコパイセンと同じく実装を待ってます。

Next

【FGO】第二部第五章『オリュンポス』の攻略ログ(2)【ネタバレ注意】|ミカイのキョウ

そのあと狂った母になるのはいいとしてエピソードで肝心のペルセポネがほぼ出てこなくて、なんで娘に愛情を持っていたのかがよく分からないもったいないキャラになっている。 それに、ゼウスを含めて神達の立ち絵がありましたが、戦闘時には機械に変わるので「うーん…」って感じ。 キリシュタリアに関しては、1章からゆっくりだけど丁寧に描写されていただけに胸に来るところがあった。 今際の際に彼が呟いた願い。 。 皆をずっと守ってくれていたマシュとマスターによる連携攻撃。 これらからカドック君が辿り着いたのは…… うわ、ゾクってした。

Next